読書の秋

書評ブログ

【書評】『幸福の「資本」論』(橘玲)

幸福の「資本」論――あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」が面白かったので感想をまとめました。

 

 

お金持ちになりたい。健康で長生きしたい。好きな人と一緒にいたい。
ひとによって幸せには様々なかたちがあります。しかしどの幸せにも共通して言えることは幸せをしっかりと支える土台が必要です。

 

この本で著者はシンプルに3つの幸福の条件「自由」「自己表現」「共同体=絆」を挙げています。これら3つの条件は、「金融資産(資本)」「人的資本」「社会資本」の3つのインフラに対応しています。

 

「金融資産(資本)」→ 「自由」
「人的資本」→ 「自己表現」
「社会資本」→「共同体=絆」


すこしわかりにくいので僕なりに身近な例で考えてみました。

 

「金融資産(資本)」→ 「貯金
「人的資本」→ 「仕事
「社会資本」→「友達


この3つの資本の組み合わせによって人生を8つのパターンに分類し「幸福」について説明しています。
たとえば社会資本のみを持つのが「プア充
これは古くから付き合いのあり、信頼関係の厚い友達を持つ田舎のマイドルヤンキーに当てはまります。
人的資本社会資本を持っている「リア充
社会資本である友だちや恋人に加え、高収入を得られる職業についた人のことを指します。
一方で、高所得の仕事に就き、金融資産である貯金を持つのが典型的な「金持ち」です。

 

現実的に考えると、高給で充実した仕事に就き、信頼できる友人・パートナーに恵まれ、貯金をもつ、といった3つの資本をすべて持つことは難しいです(この本では無理といっています)。
反対にこれらの3つの資本をすべて失った状態のことを「貧困」と定義しています。
幸福を目指すなら「しあわせになりたい」と漠然に考えるのではなく資本をそろえる必要があります。
この本は幸せになるための土台をどのような方法で築いていけばよいのかを示した一冊です。

 

幸福の「資本」論――あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」

幸福の「資本」論――あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」

 

 

広告