読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。

いま振り返ればたいしたことないと思える悩みでも、
高校生にとっては世界が滅亡するほど大きな関心事である。

 

byくろめち(哲学者っぽくいうとこんな風になりました)


みたいによく思春期の悩み事は例えられがちですよね。

この問題の解決に一歩近づく1冊『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』について紹介していきます。

 

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。

 

 

広告

 

 

紹介

すべての女子高生は2種類に分けられる。
無敵かそうじゃないか。

 


byくろめち(哲学者風)


この本は女子高生を2種類にわけたとき「あたしらまぢ無敵」感を一切まとわない。

恋愛や人間関係でいちいち悩んでしまう、無敵じゃない側にいる人のためのものです。

 

哲学の本というとなんか難しく考えがちですが、

思春期にありがちな恋愛や部活、親との関係などの問題を哲学的な視点から考えてみようよー

そしたら何かいまとは違った景色がみえてくるかもよー

そんなきっかけをくれる1冊です。

 

感想

女子高生ではない僕が読んだ感想を書いていきます。


高校の倫理の授業で習ったことあるけどよくわからない。

ニーチェって「神は死んだ」のあの人でしょ。。。


という感じで、なんとなく知っているけど深くは知らない。

ニーチェに興味はあるけど、どの本から読んでいいのかわからない。

そんな状態で僕はこの本を手にとりました。

 

まずタイトルをみて、ニーチェについて深く書かれた本かな?と思ったのですが。

ニーチェだけでなくキルケゴール、サルトル、ショーペンハウアー、ハイデガー、ヤスパースと次々と哲学者が出てきます。

 

モヤモヤを抱えた17歳の女子高生が、現代に突然現われたニーチェと会うことで次第に変わっていくという話です。

最後にはニーチェとの別れが惜しく感じるほど感情移入しやすいストーリーでした。


これらの登場人物はタイムスリップしてやってきたというわけではないです。

どの人物も現在風にカスタマイズされていて、キルケゴールは哲学と反対の位置にいる読モだったりと面白い設定になっています。

 

目次

  • 祝福できないならば呪うことを学べ
  • 人生を危険にさらすのだ! 
  • いつも自分自身をいたわることの多いものは、その多いいたわりによって病弱になる 情熱をもって生きないと、自分の世界は妬みに支配されてしまう たとえ全世界を征服したとしても、自分自身を見失ったならば、何の意味があるというのだろうか
  • 健康的な乞食の方が病める王よりもより幸福であろう
  • 人は自由に呪われている
  • 他人とは地獄である。あなたはあなたの一生以外の、何ものでもない
  • 死をもって生を見つめた場合に、人は代わりがきかない存在だ 人は皆あたかも死んでしまうかのようにすべてを恐れ、あたかも不死であるかのようにすべてを望む
  • 真理は二人からはじまるのだ
  • 運命がトランプのカードをシャッフルし、我々が勝負する


「祝福できないならば呪うことを学べ」という強烈なタイトルから始まります。

名言がそのまま目次になっていて、プロローグとエピローグを除くと9つのテーマに分かれます。

 

 広告

 

 

Amazonの紹介文がよくまとまっていたので引用します。

 

内容紹介

「私はニーチェだ。お前に会いに来てやった」

目の前に立ちはだかった男は、たしかにそう言った。

「えっと、すみません地と違いじゃないですか?」

「今日、縁きり神社で、お願いしただろう?悪縁を切り、良縁を結びたい。これまでの古い自分から、新しい自分に生まれ変わりたい、と。

私はお前を『超人』にするために、こうしてやって来た」


17歳の女子高生・児嶋アリサはアルバイトの帰り道、「哲学の道」で哲学者・ニーチェと出会います。

哲学のことを何も知らないアリサでしたが、その日をさかいに不思議なことが起こり始めます。


ニーチェ、キルケゴール、サルトル、ショーペンハウアー、ハイデガー、ヤスパースなど、哲学の偉人達がぞくぞくと現代的風貌となって京都に現れ、アリサに、『哲学する』とは、何かを教えていく感動の物語。

 

登場人物

児嶋アリサ…京都市内の高校に通う17歳の女子高生。

アリサが出会う哲学者たち

ニーチェ…オタク気質なスマホアプリ開発者

キルケゴール…ミステリアスなカリスマ読者モデル

ショーペンハウアー…クラシック喫茶を営む頑固オヤジ

サルトル…ガールズバーの経営を手がける中年実業家

ハイデガー…京都大学の名物教授

ヤスパース…ニーチェの友人の精神分析医

https://www.amazon.co.jp/dp/B01LX0F0ZY/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

 

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。

 

 

広告